特定非営利活動法人パルレ特定非営利活動法人パルレのセミナー開催報告、参加者の感想や理事のリレーエッセイなどを掲載しています。
メインは、http://npo-parler.com/です。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ソーシャルスキルトレーニング 17:52
 先日行われた、ソーシャルスキルトレーニングに関する研修に参加してきました。
 私どもの活動の中でも、5年間、小学生を対象にしたSSTを実施してきました。当初より、SSTに対する反応は様々で、それほど効果はないという意見もあり、それでも近隣で小学生を対象にしたSSTを実施するところがないため、私どもが必死で実施してきました。
 その中で、非常に良い結果を招いた事例がありますが、今回の研修で、なぜなのか、理論的な裏付けを頂いたようで、大変に嬉しく思ったことがありました。

 私どものSSTは、ご兄弟の方も受け入れていたのですが、いわゆる定型のお子さん方が、中に入っての活動を行ってきました。そのため、この子どもたちが良いモデルとなって、活動の幅が非常に広がってきたということがありました。同年代の、良いモデルが身近に存在し、そのモデルを模倣できる環境にあるということが、1つのSSTとして有効であるといえるのではないかと思っています。もちろん、学術的には相当数の事例を検証する必要があります。
 SSTに対して、懐疑的な意見も、良く検証していくと、関わりそれ自体を否定するものではないようです。どのような目的を持って、どのように関わるかが、問題となってくるようです。
 また、よく言われることに、般化が難しいということがあります。
SSTの限られた場面ではできても、一般的な状況の中では、全くできなくなってしまう、いわゆる般化ができないと言うことです。特に、SSTの場面と学校場面とでは、環境があまりにも違いすぎて、学校での変化につながらないと、SSTは無駄だと言われてしまいます。

 しかし、学校で結果を出すと言うことは、スポーツにたとえるなら、試合に勝つ事に匹敵します。SSTは、基礎体力の養成ですので、試合に勝つ事への必須条件とはなりますが、十分条件ではないのです。基礎体力のない者は、試合に出ることはできませんが、それだからと言って、必ず試合に勝つ事は出来ません。
 SSTは、基礎体力の養成ということは、基礎体力がなければ、その先のいかなるトレーニングもできないと言うことです。やはり、SSTは見えないけれども力になっている、ということが確認できて、今まで行ってきたことは決して無駄ではなかったと、また心を新たに次のステージに向かっていく勇気を得ることができました。

 社会に出たあとの、自立するためのスキルは、やはり必要です。その基礎体力としてのSSTは、目に見えないけれども積み重ねていくことが大切なのではないかと、改めて重要性を感じました。
| - | comments(0) | trackbacks(1) | posted by tsuboi
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.npo-parler.com/trackback/1254335
「介護/福祉イベント」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
| NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ | 2009/07/15 2:18 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>